Akihiro Arai
鏡子の家 in da house

20歳の時に読んだ以来久しぶりに読み返しているが、ニヒリズムの極致を追体験している。

当時の自分がこの小説に毒された記憶がありありと蘇ってきて、ほのかに心地よさすら感じてしまう。

 

 

(※コッポラとジョージ・ルーカスが総指揮をした三島の人生を追う映画、の抜粋 fromジュリー)

- - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>